about

concept_

経年変化した紙の盤面、経年変化していく木の額。
互いの時間の過ごし方を絵のように「観る」時計です。

時計は、一定の速さで時間を刻んでいますが
時間は気まぐれで 時にあっという間に、時にゆったりと感じます。

時間の蓄積が生む、グラデーション。
紙焼けした紙の表情と、日々刻々と変化する木の表情を眺めながら
過去を回想し、未来を想像し、今を観る。

今日もまた、過ごしています。


profile_

佐藤洋美/Hiromi SATO キャッサバ コラージュデザイン
デザイナー・コラージュ作家

三井 健/Takeshi MITSUI
木工家